一緒に出かける?

090112suitcase1
出かけることになってスーツケースを借りました。
荷造りしようとスーツケースを開くとすかさず入るうちの猫。

あの、荷造り進まないんですが?
スペースに余裕があります。中にいられますから、一緒に出かけますか?
090112suitcase2

| | Comments (297) | TrackBack (0)

豪徳寺招き猫散歩

060504goutokuji4


ゴールデンウイーク真っ最中の、いいお天気の日
招き猫で有名な豪徳寺にお散歩に行って来ました。

このお寺は500年の歴史を誇る古刹だとか。
「江戸時代、彦根藩主の井伊直孝がさびれた寺の前を通りかかると、手招きのような仕草をする猫に遭遇。そこで寺で休んでいたら、激しい雷雨に見舞われた。雨に濡れずにすんだことを喜んだ直孝は寺に多額の寄進をし、寺は見事に盛り返した」と伝えられ、幕末に暗殺された井伊直弼の墓もあるこの寺。

060504goutokuji2
山門を入ると、出迎えるちょっと変わった狛犬。「あー沖縄だー!」と大声で叫ぶ小学校中学年くらいの子供。それはシーサー!と心の中で突っ込みを入れるが、親は訂正しない。あの子の中では「豪徳寺に行ったらシーサーがあった」と記憶されるんだろうなあ。

井伊直弼の墓を訪ねて合掌した。境内は大きな木も多くてゆったりした感じ。
060504goutokuji7
ここは絵馬も猫。合格祈願、家内安全などの願いに混じり、「うちのルルちゃんとララちゃんが健康で幸せに過ごせますように」などペット(おそらく猫)の幸せを願う絵馬も目立つ。猫好きな人がたくさん参拝されているのだろう。
私も自分のことと、うちの猫のこと両方を願ってきた。どちらもかないますように。

060504goutokuji3_1
ここでは招き猫を売っています。
招き猫は豆サイズの300円~各サイズあり。
招き猫、お札などを販売しているお寺の総受付の入り口では、バリ猫がお迎えしてくれます。
060504goutokuji5

また、お役目を果たした招き猫の奉納所もあります(トップ写真)

行きは小田急線の豪徳寺から歩いたのですが、帰りは東急世田谷線に乗ってみたくて駅を捜して、お寺の周りをぐーるぐる。
こんなかわいい案内板兼ベンチ(頑張っても二人がけ)がありました。060504goutokuji6




豪徳寺の塀の上を歩くリアル猫060504goutokuji11








どこまで乗っても140円運賃先払いのワンマンバスのような世田谷線の電車に乗って、宮の坂駅から山下駅まで。
この山下駅と小田急線の豪徳寺駅は歩いて2,3分なのですが、その間にちゃんと商店街があります。
ここに昔からあるというラーメン店「満来」に立ち寄る。なんとラーメンの並が200円!思ったよりボリュームあり。
味よりも200円でラーメンがいっぱい食べられるという信じられないような事実に感動しました。

おなかがいっぱいになったところでこのお散歩もおしまい
明日も晴れますように!

| | Comments (2116) | TrackBack (0)

福袋

PA0_0003
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします<(_ _)>
突然ではございますが、年末年始を岡山で過ごしています。

猫はお留守番。かわいそうですが、万が一入院しなきゃいけなくなった場合に備えての訓練と割り切って、いつものように動物病院併設のペットホテルにお泊まりです。

人間は本日倉敷に行ってきました。
コイの餌を売っていたので買い、倉敷川のコイに投げたのですが、完全無視。むー。コイはいつも入れ食い状態になるはずなのに。よっぽどここのコイはいいもの食べているんでしょうか?

美観地区を散策していたら「倉敷の猫屋敷」という猫グッズショップを発見。
店内にはベンガルやスコティッシュホールドなど本物の猫もいました。

少し悩んでから、2000円と3000円の福袋のうち小さい2000円の袋を買う。
この袋は一つ一つ手書きで絵が違ってました。私が選んだのはこれ、トップの写真の袋です。

気になる中身は、ポーチやバリ猫など。
キーマスコットのキス猫の一匹がロシアン色だったのが嬉しいです。PA0_0002

| | Comments (144) | TrackBack (0)

大阪飲み倒れ旅行~ふぐ編~

050416tecchiri
岡室酒店の後、友人たちとの待ち合わせ場所、長堀橋の駅の近くにあるふぐ料理専門店「ふくふく」へ。始まる時間が遅いのでかるーい宴会にはなると思っていたのに、結構本格的な料理が出てきてびっくり。
もやしが詰まっている自分の胃袋が恨めしいくらい。
皮の湯引き、てっさ、から揚げ(これが絶品!)てっちり(黒いところがコラーゲンがたくさんと教わってみんなでわれがちにつっついた)、お約束のぞうすい(大好き!おなかがいっぱいでもするする入るところが不思議)
特製のポン酢につけていただいた、これでもか、のご馳走を赤ワインや焼酎で流し込み、代わりに記憶が脳から流れ出しながら更けていく大阪の春の夜だった。
zosui050416

| | Comments (190) | TrackBack (1)

大阪飲み倒れ旅行~立ち飲み編~

050416okamuro
造幣局の通り抜け、のろのろと前の人の後をついていくだけの最後の数百メートルを過ぎて、やっと出口。ここから歩いて15分の京橋を目指して出発。
目指すは「せんべろ探偵が行く」に出てくる岡室酒店。途中駅の南側でシャッターのしまっている岡室酒店を発見してあわてるがこそこは、立ち飲みをやっているところではなくて本当の「酒屋」のほうだったので一安心。
京橋は京阪の駅とJRの駅が交差しており、JRの北口を探してうろうろ。京阪電車の方は新しいショッピングビルとつながっていておしゃれだが、JR北口を出ると細い路地に立ち飲みやパチンコ屋が軒を連ねる。ここでもどの路地に入ってよいか迷う。早い時間(この店は朝9時からやっているのだ)にこの店に行った友人に携帯メールで尋ねてやっとたどり着く。ついたのは6時ごろ。
表から見ると店内は人でいっぱいで入れないかと入り口で躊躇していたら、マスターが「お二人さん中へどうぞ」と声をかけてくれた。親切だ。中に入って詰め合わせて空けてくれた奥から2番目くらいの位置に立ち、まず生ビールを注文。300円。さんざん歩いてのどが渇いていたのでごくごくごく。
おでん盛り合わせ250円を頼む。味が良くしみていてうまい。
それからジンギスカン300円。ちゃんとお肉がたくさん入っている。それから串焼きの盛り合わせも250円。050416_kushiyaki

ほかのおつまみの値段に比べて、もやし炒めがどうして200円もするのかと思ったら上に半熟の目玉焼きが乗っている。目玉焼きが乗っているだけで豪華な感じがするのは不思議。今度自分ちのおかずにも応用してみようと思う。050416moyashiitame

冷酒420円を注文すると小瓶で来てびっくり。値段が高いから高級なものかと思ったら量が多いのね。ほんとうは「日本酒の冷や」を注文したかったんだけど、注文の仕方を間違えた。日本酒がこぼれておでんの中にそそがれるのを見たかったのに。
話しながら飲んでいる二人連れの人も多く、和気藹々としたいい雰囲気。飲んだら出てけってとこじゃなくて良かったと思い、安いからと次から次へと食べたいものを注文して、1時間ちょっと後には苦しいおなかを抱えて店を出た。
そのころにはお店の外で待っている人の姿も。マスターはワイングラスでお客からビールをもらって飲みながら調理していました。席が遠くてマスターとお話できなかったのが残念でした。

| | Comments (562) | TrackBack (0)

大阪飲み倒れ旅行~花見編~

050416kodemari
造幣局の桜の通り抜け」(4月13日から19日)というのに行ってきました。京橋駅から人人人。車線を変更してまで交通整理に立つ大勢のおまわりさん。
少し人の間を縫って前にいける分だけミレナリオよりはましな程度の混雑ぶりでした。
正門のはるか前から屋台がずらっと並び、その列は通り抜けに平行して川沿いににずっと続いていました。
肝心の桜は、公開の時期がなぜ4月中旬過ぎなんだろうと思っていたら、八重桜でした。
華やかな八重桜が並んでいるのは壮観。八重桜だけでこんなに種類があるとは思いませんでした。
まん丸にまとまって咲いている小手毬という品種がとてもかわいい。
050416sakura

芳香があるという松月という種類(くんくん嗅いでも良くわかりませんでした)→
鬱金(うこん)という緑がかった白い花。
    ↓
050416ukon

人ごみには疲れましたが、ポップコーンがはじけたような、春をあわ立ててような八重咲きの花をめでて楽しみました。





それから花といえば忘れてはならない団子。造幣局の敷地内で売っていた「造幣せんべい」というのをおみやげにゲット。500円玉以外の硬貨をかたどったかわらせんべい。15枚入りで500円。p050418sen_bei

あとは、屋台で「はしまき」という初めて見る食べ物があったので早速購入して食べました。
チーズ入りのクレープを割り箸に巻きつけて手に持って食べやすくして、お好み焼きソースにマヨネーズ、かつおぶしをトッピングしたもの。お好み焼きの皮だけを食べる感じですが、あっさりしてちょっと食べるにはまあまあ。
クレープも大阪ではお好み焼き化しているようです。
数軒屋台を見たので大阪ではポピュラーな食べ物でしょうか?1本200円
050416hashimaki

6666y70-←いつの間にか猫が打って追加していました。翻訳すると「あたちにお留守番させて自分だけ遊んで」でしょうかねえ?

| | Comments (13) | TrackBack (0)

大阪飲み倒れ旅行~駅弁編~

050416bentou2
大阪に向かう新幹線の中で食べるためにセレクトした駅弁はこれ!「21世紀出陣弁当
なんでも「東海道新幹線 21世紀 私が食べたい駅弁コンテスト 大人の部グランプリ」だそうです。
竹かごの容器に入っていて1000円。内容は次のとおり。いろんなものがちょっとずつはいっていてビールのおつまみにも最高^_^;693kcalと比較的ヘルシーでもあります。
勝ち栗や昆布など縁起物が入っているのが出陣と言う名前が付いているポイントだそうです
中身
ぶりの照り焼き、バイ貝の旨煮、こんにゃくの味噌田楽、しそ薩摩揚げ、鶏唐揚げ、香り卵、野菜の炊き合わせ(里芋、椎茸、蓮、ごぼう、人参、ひたし豆)、栗甘露煮、昆布巻き、小女子の佃煮、おにぎり(ひじき二ヶ、ゆかり一ヶ)、漬物(たくあん2切)

おいしかったけれど、東京でも新大阪でも売っていたのにちょっとがっかり。。。やっぱり駅弁はそこでしか買えないというところに醍醐味があるような気がします。
これで、飲み倒れ旅行の始まり始まりー♪
050416bentou

| | Comments (28) | TrackBack (0)

空弁ー後編ー

今度は大阪、伊丹空港で見つけた空弁です。

ここでは、これ!
takomusu1
これぞ関西お得意の炭水化物+炭水化物のごはん「たこむす」です。
注)炭水化物+炭水化物のごはんとは、うどんとかやくご飯、お好み焼きとご飯などのメニューをさします。
小さ目のおむすびの頭に天むすのようにたこ焼が埋め込まれている一品です。お弁当というよりスナック感覚で食べるものと思えました。
なによりもこのインパクトで勝負ありです。おみやげにいかがですか?

柿の葉ずしを作っている会社が開発したとのことで、箱の中には柿の葉が敷かれていました。
株式会社あじみ屋製。682円
takomusubox2

もうひとつは蒸あな弁
anago
フランス料理店が作っている空弁だそうです。
吉田元阪神タイガース監督が推薦文を書いているところもポイントかと思います。
穴子がちょっと堅かったけれどやさしい味でおいしかったです。
株式会社しゃん亭製
正確な値段は忘れてしまいましが、800円~900円くらいだったです。
anagobox



今回はチャレンジしなかったけれど、さすが大阪の押しの強い箱のお弁当シリーズもありました。
oosakaben

空弁を堪能できた今回の旅行でした。新幹線のチケットが取れなかったからこそできた体験でそれはそれでうれしい。(行きの飛行機は低気圧の中を飛び、ゆれに弱い私はすっかり乗り物酔いしちゃったけど。試食を離陸1時間前に済ませておいたのが良かったと心から思いました)
空弁の価格帯は700円から900円。容器は小ぶり。皆お洒落でそこそこおいしい。駅弁より洗練された感じ。
有名な料亭が次々に空弁に参入しているようで羽田の第二ターミナルには「空弁工房」なるお店までできていました。
もっとリーズナブルな値段でおなか一杯にしたい方はコンビニ弁当を売っているところもたくさんありますのでご心配なく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空弁ー前編ー

年末年始に飛行機に乗る機会がありましたので、話題の空弁をチェックしてみました。
tuuro
まずは羽田空港。
有名な「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」を探して第二ターミナルをうろうろ。見つからずにインフォメーションで「みち子の鯖寿司はどこにありますか?」と聞くと「第二ターミナルにはありません」と即答。
さすが空弁ブームのきっかけになったという超有名弁当、お弁当のことを聞くのを躊躇していた自分ですが皆に訪ねられるんですね、お姉さん。ここで第一ターミナルでだけ販売されていることを教えてもらいました。
時間があったので第一ターミナルまでてくてくてく。地下通路を400m移動。ここの動く歩道は足元がぐにゃぐにゃして気持ち悪い。じっと立っていると足の下を尺取虫が這っているかのようなローラーの動きがダイレクトに伝わってきてつい歩き出してしまうのでした。
第一ターミナルの地下にあるインフォメーションのおじさんにもお世話になって(ここも即答)JALスカイショップで感激の対面
sabazushikanban
4切れ入りが600円、6切れ入りが900円とのことですが、6切れ入りのみ山積みになっていたので購入。
sabazushi
時間がまだまだあったのでベンチで即試食会。ビニールで密封されていましたが、焼魚の香ばしさが感じられてびっくり。脂が乗った鯖を酢飯としょうがでさっぱりさせてます。おいしかった。オススメです。
有限会社海の恵み製
(このお弁当は伊丹空港でも販売されています。)
個人的には椎茸が苦手なので入れないで欲しかったです。椎茸をはさんでいるのがこの鯖寿司の特徴のようで他のメーカーの鯖寿司の原材料をチェックしたところ椎茸と言う表記はありませんでした。
他のメーカーの鯖寿司は第二ターミナルにもあります。
第二ターミナルから出発する飛行機に乗る方でこのみち子の鯖寿司を購入したい人は、まず第一ターミナルで交通機関を降りて、購入してから地下連絡通路で移動すると便利かと思います。地下通路から第二ターミナルに入るところにはチェックイン機も並んでいて空いています。

いろいろ見てみましたが、空弁は容器の一番長いところで15センチ以内と駅弁等と比べてちょっと小ぶり。飛行機のテーブルに合わせたサイズとのことですが量が多くは無いのでもう一個くらい大丈夫だろうとチャレンジ。
shamochirashi
限定品という言葉に弱い私が、本日残り2個のうちの一つを手に入れました「ー羽田限定ー軍鶏」
確か900円でした。軍鶏肉がうすーい1枚だけ(写真でピーナッツの形に写っているもの)だったのはさびしかったですが、いろんなおかずが一口ずつ入り、軍鶏だしの炊き込みご飯もおいしい一品でした。
おかずは、軍鶏の卵焼き、レンコンのきんぷら、高野豆腐射こみ、炊き合わせ、ひじきを軍鶏の皮の脂で煮たもの、にんじんを茹でたもの、銀杏、しし唐でした。
このお弁当もお気に入り♪
日本橋大増製
shamo

満腹のおなかを抱えて羽田を飛び立ち、後編に続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

大阪 街中放浪編

shiawase.jpg

なんて心を打つ言葉でしょう。この他に「人生思いどおり」というものもありました。
御堂筋沿いのビル建設現場を囲う塀に書かれていたものです。

taxi.jpg
心斎橋周辺を走っているチャリタク。ワンメーター300円。お客さんが乗っているところは見かけませんでした。

waiting.jpg
同じく心斎橋にあった歩行者用待ち時間表示つき信号機。だーれもかれも赤信号でも待たずに渡っていました。

hage.jpg
寿司屋の店先にはってあったもの。ハゲってなに?!ねえ、泳ぐハゲって一体なに?!

以上、たこ焼紀行編に続く大阪リポでした。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧