十五夜

050918jugoya


今夜は十五夜です。
まん丸のお月様を眺めながら、ワインをいっぱい。
ベランダからでもよく見えます。
お月見をしようと猫を誘いましたが、夜にベランダに出るのはいや!と拒否されました。ほんとにもう、深窓のご令嬢なんだから^_^;

050918kariage

そのご令嬢のうちの猫、よく見たら刈り上げになってました

| | Comments (168) | TrackBack (0)

大阪飲み倒れ旅行~ふぐ編~

050416tecchiri
岡室酒店の後、友人たちとの待ち合わせ場所、長堀橋の駅の近くにあるふぐ料理専門店「ふくふく」へ。始まる時間が遅いのでかるーい宴会にはなると思っていたのに、結構本格的な料理が出てきてびっくり。
もやしが詰まっている自分の胃袋が恨めしいくらい。
皮の湯引き、てっさ、から揚げ(これが絶品!)てっちり(黒いところがコラーゲンがたくさんと教わってみんなでわれがちにつっついた)、お約束のぞうすい(大好き!おなかがいっぱいでもするする入るところが不思議)
特製のポン酢につけていただいた、これでもか、のご馳走を赤ワインや焼酎で流し込み、代わりに記憶が脳から流れ出しながら更けていく大阪の春の夜だった。
zosui050416

| | Comments (190) | TrackBack (1)

大阪飲み倒れ旅行~立ち飲み編~

050416okamuro
造幣局の通り抜け、のろのろと前の人の後をついていくだけの最後の数百メートルを過ぎて、やっと出口。ここから歩いて15分の京橋を目指して出発。
目指すは「せんべろ探偵が行く」に出てくる岡室酒店。途中駅の南側でシャッターのしまっている岡室酒店を発見してあわてるがこそこは、立ち飲みをやっているところではなくて本当の「酒屋」のほうだったので一安心。
京橋は京阪の駅とJRの駅が交差しており、JRの北口を探してうろうろ。京阪電車の方は新しいショッピングビルとつながっていておしゃれだが、JR北口を出ると細い路地に立ち飲みやパチンコ屋が軒を連ねる。ここでもどの路地に入ってよいか迷う。早い時間(この店は朝9時からやっているのだ)にこの店に行った友人に携帯メールで尋ねてやっとたどり着く。ついたのは6時ごろ。
表から見ると店内は人でいっぱいで入れないかと入り口で躊躇していたら、マスターが「お二人さん中へどうぞ」と声をかけてくれた。親切だ。中に入って詰め合わせて空けてくれた奥から2番目くらいの位置に立ち、まず生ビールを注文。300円。さんざん歩いてのどが渇いていたのでごくごくごく。
おでん盛り合わせ250円を頼む。味が良くしみていてうまい。
それからジンギスカン300円。ちゃんとお肉がたくさん入っている。それから串焼きの盛り合わせも250円。050416_kushiyaki

ほかのおつまみの値段に比べて、もやし炒めがどうして200円もするのかと思ったら上に半熟の目玉焼きが乗っている。目玉焼きが乗っているだけで豪華な感じがするのは不思議。今度自分ちのおかずにも応用してみようと思う。050416moyashiitame

冷酒420円を注文すると小瓶で来てびっくり。値段が高いから高級なものかと思ったら量が多いのね。ほんとうは「日本酒の冷や」を注文したかったんだけど、注文の仕方を間違えた。日本酒がこぼれておでんの中にそそがれるのを見たかったのに。
話しながら飲んでいる二人連れの人も多く、和気藹々としたいい雰囲気。飲んだら出てけってとこじゃなくて良かったと思い、安いからと次から次へと食べたいものを注文して、1時間ちょっと後には苦しいおなかを抱えて店を出た。
そのころにはお店の外で待っている人の姿も。マスターはワイングラスでお客からビールをもらって飲みながら調理していました。席が遠くてマスターとお話できなかったのが残念でした。

| | Comments (562) | TrackBack (0)

牡蠣パーティ

050423oyster2
おうちにお友達を呼んで牡蠣パーティをしました。牡蠣は伊勢志摩から取り寄せです。
洗われるのを待つ流しの牡蠣たち。ごしごし洗って牡蠣ナイフでこじ開けます。何回目かになってみんな手馴れてきました。050423oyster1


まずビールで乾杯してから支度に取り掛かります。今回は生牡蠣と電子レンジでの蒸し牡蠣の両方を作りました。ぷりぷりの牡蠣はとってもジューシイでおいしいです。
牡蠣を洗って生牡蠣は殻を開けてそのままテーブルへ、蒸し牡蠣はお皿に並べてそのまま電子レンジでチン!両方ともレモンを絞っていただきまーす。
おいしい牡蠣とお酒におしゃべりもはずみます。
たのしいパーティに猫も参加。男性陣に甘えまくります。若い♀猫に肩で甘えられてうれしはずかしの男性陣。
050423katanori
050423katanori2


それにしても五人でこの酒量ってどうなんですか?2時から9時までかかって飲んだんですが。
050424oyster

いずれにしても楽しかった、またやりたい!マダム・リー家では毎年GWに最後の食べ納めをします(体調に自信のないときは全部蒸し牡蠣にします)。
おうちでやるとリーズナブルにおいしいものが飲んだり食べたりできるのがいいところです。

| | Comments (27) | TrackBack (1)

大阪飲み倒れ旅行~花見編~

050416kodemari
造幣局の桜の通り抜け」(4月13日から19日)というのに行ってきました。京橋駅から人人人。車線を変更してまで交通整理に立つ大勢のおまわりさん。
少し人の間を縫って前にいける分だけミレナリオよりはましな程度の混雑ぶりでした。
正門のはるか前から屋台がずらっと並び、その列は通り抜けに平行して川沿いににずっと続いていました。
肝心の桜は、公開の時期がなぜ4月中旬過ぎなんだろうと思っていたら、八重桜でした。
華やかな八重桜が並んでいるのは壮観。八重桜だけでこんなに種類があるとは思いませんでした。
まん丸にまとまって咲いている小手毬という品種がとてもかわいい。
050416sakura

芳香があるという松月という種類(くんくん嗅いでも良くわかりませんでした)→
鬱金(うこん)という緑がかった白い花。
    ↓
050416ukon

人ごみには疲れましたが、ポップコーンがはじけたような、春をあわ立ててような八重咲きの花をめでて楽しみました。





それから花といえば忘れてはならない団子。造幣局の敷地内で売っていた「造幣せんべい」というのをおみやげにゲット。500円玉以外の硬貨をかたどったかわらせんべい。15枚入りで500円。p050418sen_bei

あとは、屋台で「はしまき」という初めて見る食べ物があったので早速購入して食べました。
チーズ入りのクレープを割り箸に巻きつけて手に持って食べやすくして、お好み焼きソースにマヨネーズ、かつおぶしをトッピングしたもの。お好み焼きの皮だけを食べる感じですが、あっさりしてちょっと食べるにはまあまあ。
クレープも大阪ではお好み焼き化しているようです。
数軒屋台を見たので大阪ではポピュラーな食べ物でしょうか?1本200円
050416hashimaki

6666y70-←いつの間にか猫が打って追加していました。翻訳すると「あたちにお留守番させて自分だけ遊んで」でしょうかねえ?

| | Comments (13) | TrackBack (0)

大阪飲み倒れ旅行~駅弁編~

050416bentou2
大阪に向かう新幹線の中で食べるためにセレクトした駅弁はこれ!「21世紀出陣弁当
なんでも「東海道新幹線 21世紀 私が食べたい駅弁コンテスト 大人の部グランプリ」だそうです。
竹かごの容器に入っていて1000円。内容は次のとおり。いろんなものがちょっとずつはいっていてビールのおつまみにも最高^_^;693kcalと比較的ヘルシーでもあります。
勝ち栗や昆布など縁起物が入っているのが出陣と言う名前が付いているポイントだそうです
中身
ぶりの照り焼き、バイ貝の旨煮、こんにゃくの味噌田楽、しそ薩摩揚げ、鶏唐揚げ、香り卵、野菜の炊き合わせ(里芋、椎茸、蓮、ごぼう、人参、ひたし豆)、栗甘露煮、昆布巻き、小女子の佃煮、おにぎり(ひじき二ヶ、ゆかり一ヶ)、漬物(たくあん2切)

おいしかったけれど、東京でも新大阪でも売っていたのにちょっとがっかり。。。やっぱり駅弁はそこでしか買えないというところに醍醐味があるような気がします。
これで、飲み倒れ旅行の始まり始まりー♪
050416bentou

| | Comments (28) | TrackBack (0)

片想い

nonn
5年前の夏、私が保護した子猫。風邪を引いてがりがりにやせていた子猫。
今はすっかり元気になり、寒がりで怖がりのお嬢様猫として暮らしています。知らない人は大嫌いで、来客があると一目散に外へ逃げていきますが、家族には甘えん坊です。
2年前、この猫と別居しました。1ヶ月でなんとなくよそよそしくなり、今では完全に「知らない人」扱いされるようになりました。。。。
久しぶりに家の中で猫に会うとぴたっと動きが止まり、隙を見て逃げ出します。私の愛は変わらないのに、猫のほうは愛情どころか恩まで完全に忘れ去って、顔を見ることすらなかなか難しくなっています。
こんな私が猫の愛情を取り戻す日は果たして来るのでしょうか?
この心の痛みはどうすればいいのでしょうか?
昨日も逃げ出そうとするところを抱き上げたら、全身でいやーんとこわばっていました。大泣

| | Comments (40) | TrackBack (0)

桜でご乱心

050409sakura桜の花びらが舞うのを見て心を乱すのは、人間ばかりではありません。猫も然り。
隣の家に見事な桜の大木があります。満開になり、風に乗ってひらひら花びらがベランダに。
舞い散る花びらを生き物にみたてて、わくわく。早速ベランダに出てハンティング。押さえ込んでも手ごたえがなかったり、ベランダを通過して庭に落ちてしまったり。なかなかうまくいかないのが、なお一層猫心をくすぐるのかリード付きながらベランダで熱心に花びらを追っていました。
050409_catch

p050409_120800

開花が遅れているとやきもきしたのは一週間前なのに、桜の季節ももう終わり。
季節の移ろいはあっという間です。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

お花見

050403sakura今日、4月3日は中島らもさんの誕生日。それを記念して?井の頭公園でお花見をしてきました。ほかにこの日に生まれた人にはヘンリー4世、マーロン・ブランド などがいます。また、いんげん豆の日でもあるそうです。
悪天の特異日(天気が悪くなる確率の高い日)だそうですが前日までの雨との予想もはずれ、空に雲は多いもののぽかぽか暖かい日でした。
桜は1~2部咲き程度ですがたくさんの人がお花見を楽しんでいました。今日のような気候が続くと2,3日で見ごろになりそうです。
午後1時半から4時まで、ビールやワインを飲んでしゃべって過ごしました。誰かが持ってきた酋長の羽をかぶったりなんかしながら。
駅ビルの酒屋では花見用のお酒を纏め買いする人がレジに列をなし、公園付近の飲食店は店前に屋台を出し、公園ではこっそりコンビニの人が御用聞きに回ってきたり、ピザ屋が営業していたり、吉祥寺のお店は毎年花見特需があるんでしょうね。
公園内では漫画本を読み聞かせて料金を取る人が出没していました。筋肉マンを効果音付きで若い男性に読み聞かせていました。マージャンをやっている人に「西原理恵子のまあじゃんほうろうきはいかがですか?」と営業していたので、客層を見て判断しているのかな?
人がたくさんいるところには、いろんな人がいておもしろい。
050403_shucho
お散歩している犬はたくさん見かけましたが、猫はいませんでした。知らない場所がきらいなうちの猫もお留守番。一緒に花見ができると楽しいだろうになあ。
050321veranda

*いんげん豆の日
1673(延宝元)年、いんげん豆を日本に齎したとされる隠元禅師が亡くなった。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

中島らも追悼写真展閉幕

ramoencore追悼写真展が昨日無事に幕を閉じました。会期中訪れた方の数は2500人近くに上ったそうです。
来てくださった方々、宣伝に協力してくださった方々どうもありがとうございました。
たくさんの方に見ていただいてうれしかったです。
ああー終わっちゃいました、らもさんのイベント。

昨日の最終日、午後四時過ぎから30分ほど追悼ライブの様子が流されました。
らもさんの口調を取り混ぜて司会をする松尾貴史さん、楽屋でらもさんとの出会いをインタビューされるムッシュかまやつさん(出会いはらもはだのゲストに呼ばれたことだったそうです)、ルイスルイス加部さん、らもさんの音楽センスについて「ある、歌詞がかっこいい」と答えた鮎川誠さんとシーナさん。
最後の「いいんだぜ」をたくさんのらもさんの写真が並んだ中で聞くのは、なんだかうるうるこみ上げてくるものがありました。
一方で会場で聞いたのと流れているビデオはなんだか別のものみたいという気持ちもあって、泣き出さずにすみました。
私は著作で、トークイベントで「いいんだぜ」といってもらえて救われた、そのことを再認識しました。「いいんだぜ」そう言い続けてほしかったです、90歳になっても、100歳になっても。


ギターは結局30万円!で落札されました。10万円の値が付いたときは不満だったらもさん。きっと満足してくれることでしょう。
たくさんの写真と、その辺に無造作に置く癖があったのか、ひどくゆがんだ乱視の強い眼鏡、Bと2BとHBの混ざった短い鉛筆、そのまま時を刻み続けている時計などの愛用品、生原稿。そんなものがたくさんの会場は大変いごごちのいい空間でした。

やっぱり私は、大阪の空の下、どこかにらもさんがいるように感じながら生きていくようです。
それから、らもファンと猫の相関関係についてはこれからも研究?を続けていきます。何かお気づきの点はぜひコメントをください。

| | Comments (281) | TrackBack (1)