« January 2008 | Main | May 2008 »

cat lovers pasta

080427pasta

その名も猫好きパスタ
catheartlovers pasta というのをカルディーで見つけて買ってきました。
猫の顔と足跡の形のショートパスタ(マカロニ)です。
今度マカロニサラダにしてみよう。

4/26(土)
猫の三種混合ワクチンを打つ。
獣医でパニックになるうちの猫のために、作業用皮手袋を購入。爪きり忘れて連れて行っちゃいましたが、この手袋には爪は通りません。今年は人間の流血なし。
洗濯ネットに入れていったのに(飼い主としてみていると情けない姿。。。)、暴れるからって触診もなしで、注射しておしまいの獣医さん。新しい病院探したいけど、車のない私、徒歩でいけるのはここのみ。うーん。
うちの猫が丈夫なうちはここでもしょうがないかな。。。

幸い副作用もはなく、一日怒りまくっていただけ。
一晩寝てやっと「いやなとこ連れて行っていたいこととされた」と思うのを止めてくれたようで、甘えてきました。
080427pasta2

| | Comments (215) | TrackBack (1)

吉祥寺のトルコねこ

080420neko_3

吉祥寺に「キチジョージ・ミュージック・ヘアー ~吉祥寺音楽毛祭り~ Vol.2」というのを聞きに行きました。
小劇場関係者や俳優さんが出演するとっても楽しいライブです。

その会場に行く途中、角の店でトルコ人が期間限定の物産展みたいなのをやっていました。
そこで見つけた花柄の招き(?)猫
店の外に展示されている猫の置物に吸い寄せられるように近づくと、猫の置物を最終日だから安くしてくれると言うのです。七千円を特別に五千円にすると。
本当に安いのかなーとは疑問に思ったのですが、ライブ中にビールを飲んだ後、もう一軒行った帰りで、酔っ払った頭で高いか安いかわかんないけどいいやといいかげんになったのとかわいかったので、二次会止めてうちで飲むことにして購入しました。もう一個、寝ている姿のものもあったのですが、耳に欠けがあるのに同じくらいの値段にしか下げてくれないというのでそちらは見送り。

このトルコ人は、「チューリップで有名なのはどこですか?」と聞いてきました。「オランダ」と答えると、「本当はトルコなのに、何でもかんでもヨーロッパにしてしまう!」と怒っていました。
調べると、チューリップの原産地はトルコから中央アジアにかけてで、その後オランダで栽培が盛んになったことからオランダが有名なようです。
確かに猫の体にも赤いチューリップ。美しいです。

<ライブのこと>
チジョージ・ミュージック・ヘアー ~吉祥寺音楽毛祭り~ Vol.2
吉祥寺スターパインズ・カフェ
4月20日(日)マチネ14:00 ソワレ18:00
出演者
井之上隆志(歌とギター)
草野徹(ウクレレ&ベース)
コング桑田(歌と司会)
中島淳彦(歌とギター)
藤崎卓也(パーカッションと効果音)
峯村リエ(歌と○○)
山西惇(歌といろいろ)
六角精児(歌とギター)
東野ひろあき(歌とギター、ハモニカ)
赤石香喜(キーボード ※バンマス)
ラサール石井
春風亭昇太

今回はマチネに参加
12:30に吉祥寺に着き、会場のすぐ近くの吉祥寺麺通団で腹ごしらえ。思ったより量が多く、中じゃなくて小にすればよかったと胃をさすりながら会場に戻ると行列ができていて12番目でした。
前の方に座りたいと思っていたら、すでに真正面のテーブルしか開いていませんでした。なんだか近すぎて恥ずかしいと思ったり、、、いや照明があるから舞台からはあんまり見えないから大丈夫じゃないか、と思ったり、、(跡で聞いたところによるとステージから見える席だったようです。ひゃあ)

今回は「バッキー大谷とラブラブアイランダーズ」のリーダーの大谷亮介さんはお休み。そのせいかバンドはハワイアンからムード歌謡に微妙にシフトしつつあったような。。。新曲「別れてもシェキなひと」などが披露される。
それでもハワイアン風名曲のひとつ「よう来たな、ワレ」で歓迎していただき、六角さんと井之上さんによる情念系?フォークデュオ「しまへび」にしっとり聞かせていだだき、峰村さんの色っぽさ、昇太師匠のキャラを生かした選曲「お座敷小唄」とタキシードと履いてる靴の落差にやられ、ラサール石井さんのさすがの存在感に感心し、そしてラブラブアイランダーズの繰り出す名曲の数々にしびれました。名曲中の酩酊曲「コハラナミエ」が聞けてうれしー。

とーっても楽しい二時間半でした。
特に峰村さんが一曲一曲で別々のキャラを設定し、衣装まで変えていたのは、意表を突かれたというか、最高でした。「ウイスキーがお好きでしょ♪」というフレーズが耳から離れません。

色々な新曲が聞けた反面、もう一度聞きたいと思う曲が聞けなくてちょびっと残念だったりもしました。前回聞いた中島淳彦さんの「新しいバカ・・・」劇中歌は一つは聞きたかったです。
やる方は飽きちゃって、新しい曲をやりたくなっちゃうのかしら。

次回は八月の開催だそうです。日程が合えばまた生きたいと思います。

| | Comments (142) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | May 2008 »