« らもてん・トークショー | Main | クリスマスのご馳走 »

ボジョレーヌーヴォー

071124beaujolais_nouveau


今年もまた自宅と友人宅でのパーティとで飲んだボジョレー・ヌーヴォー
流行に踊らされているとは知っていても、楽しいからいいか~
解禁日の11月15日に自宅で一本空け、24日に友人Kさん宅の「ボジョレーヌーボーを飲み比べる会」でボジョレーもそうでないものもたくさんいただきました。

071122beaujolais
今年買ったものは
猫ラベルのボージョレ・ヌーヴォー ドメーヌ・ド・サンダー[2007]
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュヴェ・サントネール ルイ・テット[2007]
ヴァン・ド・ペイ・ヌーヴォ [2007] ドメーヌ・ラ・トゥール・ボワゼ
の三本。
071115beaujolais_nouveau
最後のヴァン・ド・ペイ・ヌーヴォはボジョレー地区の新酒ではないのですが、
「(重労働である葡萄の収穫を手伝う)その人達と、苦しい労働を忘れる為に、毎日、宴会を催す。
1ヶ月間、ぶっ通しで続く宴会で飲むワインは、その年の収穫で造った、このワインなのである。
とりあえずは、葡萄の実り具合とデキを見てその年のセパージュを決める…という行き当たりばったりの、いかにも南仏的な造り。
従って、このワインもセパージュが明確に示されていない。
メルロー、シラー、グルナッシュなどであるのは間違いないけど。
彼は、収穫前と比べて、収穫が終わった後は20Kg体重が増えるという。
毎日宴会を繰り返せば、当然かも。
これこそが、収穫を祝う、本物のヌーヴォー。」
という紹介文に惹かれて買いました。
「行き当たりばったり」、まさに川原泉著「美貌の果実」という漫画に出てくる「サン・スーシィ」というワインそのものです。
これもお手ごろ価格で(ボジョレーより解禁の早い地区なので、11月15日までには船便で日本に届くから)、そして飲みやすくておいしかったです。

「ボジョレーヌーボーを飲み比べる会」では、ボジョレーやらボジョレーでないものやら(大和市で収穫した葡萄を山梨県で醸造したものなど)あまりにたくさん飲んだのでどれがどれやら状態に。。。。Mさんが持ってきてくれたのがとてもおいしかったけど名前を覚えていません。
持ち寄りパーティだったので、私が持っていったのは、
チキンのゼリー寄せと野菜の煮物
牡蠣のオイル漬
大根とにんじんのピクルス
Mさんがチキンのクリーム煮、Cさんが生ハムでチーズを巻いてりんごやにんにくを入れたオリーブオイルに漬けたものなどを持ってきてくれてなかなか豪華に楽しみました。
どれもおいしかった!

そして071124
何より、Kさん宅に行く途中、駅前で猿回しを見られたのがラッキーでうれしかった。
太郎・次郎の流れを汲む方々で「ひかり・ひかる」というコンビ。お猿のひかる君は5歳。
人間で言うと15歳の思春期真っ盛り。「けっ、こんなだりーことやってられっかよ」という反抗心をむき出しにすることもありましたが、その度にきちんと服従姿勢(地面にうつぶせ)をとらされてました。
そんな反抗心も全部笑いに変えていくおねえさんの口上が素敵でした。
500円以上のおひねりを上げるとお守りがもらえました。何の御利益かな?猿知恵?

|

« らもてん・トークショー | Main | クリスマスのご馳走 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

This website really has all the info I wanted about this subject and didn't know who to ask.

Posted by: best dating sites | January 26, 2015 at 06:06 AM

I get pleasure from, cause I discovered just what I used to be looking for. You've ended my 4 day long hunt! God Bless you man. Have a great day. Bye

Posted by: match.com | February 11, 2015 at 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57528/17525855

Listed below are links to weblogs that reference ボジョレーヌーヴォー:

« らもてん・トークショー | Main | クリスマスのご馳走 »