« March 2006 | Main | May 2006 »

キリ番プレゼント

060421cham


「しっぽでおへんじ」のエリさんからプレゼントが届きました!
昨年25000番のキリ番を踏んだ記念です。

きれーいっ。うれしーっ。
ベリーみたいにかわいいので、ベランダのブラックベリーの葉っぱと記念撮影。

ロードナイドガーネット、アップルクオーツを使って手作りしてくださったチャーム。ストラップにしたり、チェーンを通してネックレスにしたり応用範囲が広いものをくださいました。
もったいないので当分大事にしまっておきます(^.^)

エリさん、どうもありがとうございます!

私が写真を撮っている間、猫はすのこの上でくつろいでいました。060421kutsurogu

| | Comments (3) | TrackBack (0)

犬型クッキー

060408cookie


翌朝、阪急梅田駅に集合。ところが待てど暮らせど、人数がそろいません。
40分後、やっと集合。
聞けば前日私がホテルに帰った後も宴会は朝の6時まで続いたとかで、ある人は集合時間過ぎまで意識を失っていたとか。
2時過ぎぐらいに帰った私でも、目覚ましで朝起きるのに相当の精神力が必要だったのに、6時とは!
翌日予定が入っているのに、元気な人たちだなあと感心。

今日は、知人の家を訪ねます。
動植物がお好きで、たくさん飼ったり栽培したりされている方です。かわいがっているヨーキーをモデルにクッキーを焼きました。テリア系の型を通販で手に入れました。
もう一つ、犬の顔のクッキースタンプ(クッキーの生地にぺたんと押して模様をつけるもの)を使ったクッキーにもチャレンジしたのですが、焼いている最中に流れてなんだか判らないものになってしまいました(ーー;)
このクッキースタンプも一緒にプレゼントしてきました。

今回は残業に追われて練習とか失敗してもやり直しとかできなかったのですが、今度はプレーンではなくココアで濃淡を出してよりヨーキーらしいクッキーを作りたいと思っています。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

桜の季節にふぐを

060408fukufuku4
昨年に引き続き、大阪でふぐを食べて来ました(大阪食い倒れ旅行2006バージョン)
知人のおうちを訪問するために大阪に行き、その前日心斎橋にあるふくふくでの宴会です。

西の方が早いと思っていましたので大阪は東京より桜の開花が1週間遅れていてびっくり。でも満開の桜がとてもきれいでした。

8時にお店に集合。約半数の人が遅れていたのですが、待たずにいただきまーす。
060408fukufuku1
まず、梅ソースで染めた桜の形の長いも?山芋?とカリカリじゃこにポン酢を寒天で固めたものを乗せたオードブルでスタート。
ふぐの皮の湯引き、てっさと続きます。バラの花のように華やかに盛り付けられたイサキ(トップ写真)も口の中でとろけて行きました060408fukufuku3

そしてスペシャルで分厚く切った肉を白菜の内側の柔らかい葉に乗せたものが出ました。激うまー。ぷっつりとよい歯ざわりでふぐの肉が口の中に消えていきます。060408fukufuku2
そしてから揚げ。三日月のようなカポチャのから揚げの上に盛られていました。香ばしくておいしい。
060408fukufuku5

お酒は赤ワイン。ふぐには赤ワインがよくあいます。

ここのお店のポン酢は酸味がやわらかくておいしいです。
初めてふぐを食べたとき(生まれも育ちも関東なので大人になって関西に旅行に来たときでした)、ふぐは味がなくて酢だちとポン酢の味しかしないと思ったのですが、お酢の味が強すぎるポン酢で食べたせいだったようです。

食べるのに夢中だったので、てっさとふぐちりの写真が見当たりません。。。。。
鍋のあとは、大好きな雑炊!おなかいっぱいですが別腹です。はい。
上品なふぐのお出汁でふっくら炊けたご飯、卵の黄色に生えるあさつきのみどりが美しい。060408fukufuku7


ちょっと豪華にイセエビも食べました。イセエビの横はイセエビの味噌(エビ味噌っていうのかしら??)を乗せた厚揚げ。
どちらも美味美味。060408fukufuku6


おいしいお料理とお酒で文字通りぽんぽこりん(ヤバシ)になったおなかを抱えてホテルへの帰路につきました。
おいしっかった。店長さん、女将さん、料理長さん、感謝です。ごちそうさまでした。

明日の朝は阪急梅田に10時半集合です。がんばって起きなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家出

060401iede


「あたちは そとのせかいを しりたいので ここを でていきます さがさないでください」

ふと気づくと猫の気配が家の中にありません。名前を呼びながら捜していると、私の部屋の網戸が20センチくらい開いているのに気がつきました。
マネージャ(同居人)が洗濯物を干したときにきちんと締めなかった模様。

あわててベランダに出て名前を呼ぶと隣のベランダからニャー。
「非常の際はここを破って隣に避難してください」という仕切りの横の隙間から家出したようです。
楽しそうに部屋の中をのぞいたり、柵の隙間から外をのぞいたり、ぜんぜん帰る気はないようです。
キャットダンサーで誘っても近くまで来ますが、すぐにまた一番向う端に行ってしまうばかり。
人間がしばらく家の中に入って無関心な振りをしたりしましたが、隣の家のベランダには荷物がたくさん置いてあるので、何か悪さをしないかと気が気ではありません。

爪を研ぎそうなポーズにあせって、ご挨拶ぐらいしかお付き合いのない隣のおうちをピンポーン。
相手の方が対応してくださったところで、同居人が「捕まった!」
なんでもベランダのフェンスの上(10センチ)を伝って帰ってきたところを拿捕したそうです。

月ちゃん、エイプリルフールだからって家出の芝居を打つことないじゃない。
あー浮気がバレたのかと思ってあせった。あせった。

写真は仕切り越しに、手を伸ばした先にカメラを構えたので斜めってます。おまけに悪そうな顔です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »