« 猫の形には神様が宿っている | Main | やられた・・・ »

初夏の読書

ここ最近で読んでいる本
imugurashi
「犬ぐらし」 遠藤淑子 白泉社
好きな漫画家さんの犬エッセイ。どのうちも大変だー。生き物を飼うって相当な覚悟が必要なことを教えてくれつつ爆笑をも巻き起こします。失礼ながら「馬鹿な子ほどかわいい」みたいです。
毛皮を持っていてあったかい生き物万歳!
hokentaiiku

「正しい保健体育」 みうらじゅん 理論社
よりみちパン!セという中高生向けの新しい新書シリーズの中の一冊。
「金玉というのが本体で、その着ぐるみの中に全部が入っているのが人間の男なのです」と最初にさらっと言われます。思春期のはじらいを失ってからかなりになる私は、どんどんと読みまくっていきましたが、若い方には、独特の角度ながら率直に語られる内容に戸惑いもあるかも。
しかし、性のことは生のことで、いろいろな方向から考えていいんだということがわかりやすく語られてます。(と私は思いました)
Shakespeare

「快読シェイクスピア」 河合隼雄/松岡和子 新潮社
普通の本?も入れておこう^_^;この本だけは図書館から借りたもの。「ロミオとジュリエット」などシェイクスピアの戯曲をテーマに心理学者と翻訳家が語っています。
おそるべき14歳(ジュリエット)や双子の話から多重人格の治療とへつながる(間違いの悲劇)など、シェイクスピアというフィルターを通して語られる人間の本質や現代の話が興味深いです。

|

« 猫の形には神様が宿っている | Main | やられた・・・ »

ペット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

なんだかどれも興味深い本ばかりです。
とくに犬ぐらし・・・
爆笑を巻き起こすといわれると・・・ますます読んでみたい。
バカな子ほどかわいいっていうのは、ある意味誉め言葉ですよね。

タビキチも時々ワルキチと名前を変えたくなりますが
やっぱりかわいいです(笑

月姫ちゃん、その後どうですか?
うにゃうにゃ言ってます?

Posted by: エリ | June 01, 2005 at 12:08 AM

エリさん
うちのこ一番かわいいな♪が基本ですよね。
月姫はうにゃが治まりつつあります。大体今のところ10日発情して一週間お休みのパターンです。
発情中は猫も人間も体力を消耗します。

Posted by: マダム・リー | June 01, 2005 at 06:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57528/4358190

Listed below are links to weblogs that reference 初夏の読書:

« 猫の形には神様が宿っている | Main | やられた・・・ »