« たんじょうび | Main | 空弁ー後編ー »

空弁ー前編ー

年末年始に飛行機に乗る機会がありましたので、話題の空弁をチェックしてみました。
tuuro
まずは羽田空港。
有名な「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」を探して第二ターミナルをうろうろ。見つからずにインフォメーションで「みち子の鯖寿司はどこにありますか?」と聞くと「第二ターミナルにはありません」と即答。
さすが空弁ブームのきっかけになったという超有名弁当、お弁当のことを聞くのを躊躇していた自分ですが皆に訪ねられるんですね、お姉さん。ここで第一ターミナルでだけ販売されていることを教えてもらいました。
時間があったので第一ターミナルまでてくてくてく。地下通路を400m移動。ここの動く歩道は足元がぐにゃぐにゃして気持ち悪い。じっと立っていると足の下を尺取虫が這っているかのようなローラーの動きがダイレクトに伝わってきてつい歩き出してしまうのでした。
第一ターミナルの地下にあるインフォメーションのおじさんにもお世話になって(ここも即答)JALスカイショップで感激の対面
sabazushikanban
4切れ入りが600円、6切れ入りが900円とのことですが、6切れ入りのみ山積みになっていたので購入。
sabazushi
時間がまだまだあったのでベンチで即試食会。ビニールで密封されていましたが、焼魚の香ばしさが感じられてびっくり。脂が乗った鯖を酢飯としょうがでさっぱりさせてます。おいしかった。オススメです。
有限会社海の恵み製
(このお弁当は伊丹空港でも販売されています。)
個人的には椎茸が苦手なので入れないで欲しかったです。椎茸をはさんでいるのがこの鯖寿司の特徴のようで他のメーカーの鯖寿司の原材料をチェックしたところ椎茸と言う表記はありませんでした。
他のメーカーの鯖寿司は第二ターミナルにもあります。
第二ターミナルから出発する飛行機に乗る方でこのみち子の鯖寿司を購入したい人は、まず第一ターミナルで交通機関を降りて、購入してから地下連絡通路で移動すると便利かと思います。地下通路から第二ターミナルに入るところにはチェックイン機も並んでいて空いています。

いろいろ見てみましたが、空弁は容器の一番長いところで15センチ以内と駅弁等と比べてちょっと小ぶり。飛行機のテーブルに合わせたサイズとのことですが量が多くは無いのでもう一個くらい大丈夫だろうとチャレンジ。
shamochirashi
限定品という言葉に弱い私が、本日残り2個のうちの一つを手に入れました「ー羽田限定ー軍鶏」
確か900円でした。軍鶏肉がうすーい1枚だけ(写真でピーナッツの形に写っているもの)だったのはさびしかったですが、いろんなおかずが一口ずつ入り、軍鶏だしの炊き込みご飯もおいしい一品でした。
おかずは、軍鶏の卵焼き、レンコンのきんぷら、高野豆腐射こみ、炊き合わせ、ひじきを軍鶏の皮の脂で煮たもの、にんじんを茹でたもの、銀杏、しし唐でした。
このお弁当もお気に入り♪
日本橋大増製
shamo

満腹のおなかを抱えて羽田を飛び立ち、後編に続きます。

|

« たんじょうび | Main | 空弁ー後編ー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57528/2518516

Listed below are links to weblogs that reference 空弁ー前編ー:

» 空弁対決! [すずと楽しい仲間たち]
 乗る飛行機が朝9時40分だったため、羽田空港でのお楽しみとして、話題の空弁を食 [Read More]

Tracked on February 01, 2005 at 04:48 PM

« たんじょうび | Main | 空弁ー後編ー »