« December 2004 | Main | February 2005 »

中島らも烈伝を読んだ

bookretsuden冒頭から中島らもさんの死、密葬等についての記述。この本を買った帰りに待ちきれずに歩きながら読んで思わず涙を浮かべていた。
私の心のどこかで信じたくない気持ちがあり、今も遠く大阪の地で酔っ払っていたり、執筆していたりしているような気がしているから、事実を事実として書かれると動揺してしまうみたい。

作者は中島らもの高校時代からの友人であり、エッセイ等にたびたび登場していたSこと鈴木創士。「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」等につづられているらもさんの青春が別の角度から語られている。
文学者らしい端正な文章で本の中に作者とらもさんとその周辺の人々がよみがえる。。
らもさんの死をアクシデントではなく、「死すべき時に死んだ」と書いているけど、私はそんな風には思えない。だってもっと本を読みたかった。トークライブでのお話を聞きたかった。演劇を見たかった。
頭の中にあったと言う小説や劇の構想をもう受け取るすべがないなんて残念でならない。
もっと同じ時代をともに生きていきたかった。書き手と読者、観客としてだけど。
あの事故に向って全てが収束に向っていたなんて思えない。

中島らも烈伝

それにしても、20歳くらいの頃のらもさんの顔ってかっこいいと思います。全体のバランスはわからないけど、全然もてなかったと本人が語っているのが信じられない。

蛇足)写真は新幹線ホームでひとりでベンチにいる本です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

狭いところが好き

050108hakosukiダンボールを見るとつい入ってしまううちの猫。
狭い、暗いと好きな環境が整っているところが猫心を打つようです。
CDラジカセを買って包装を解いていると早速やってきて中に入ってしまいました。
ダンボールマニア?

050106takaitoko
そして、また高いところを見るとつい登ってしまいます。
ケージの上のクッションで、おねむになっているところです。

平和だな~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中島らも追悼写真展「彼の世でアンコール!」開催決定!

中島らも追悼写真展「彼の世でアンコール!」ENCORE IN HEAVEN!の東京開催が決定されました!
ささやなながらの協力として、この場でお知らせします。
とても楽しみにしています。悲しみもちょびっとポケットに入れながら。

期間:2005年3月16日(水)~3月30日(水)会期中無休
   10:00AM~9:00PM 最終日は5:00PMにて終了いたします。

場所:渋谷パルコ ロゴスギャラリー(パート1 B1F)TEL:03-3496-1287
   〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 ※渋谷駅から徒歩5分

入場料:無料
主催:中島らも追悼写真展実行委員会

去る2004年11月4日~11月10日大阪はアセンス心斎橋店5F・アセンス美術にて開催された写真展が東京までやってきます。
大阪まで観にいくことができずに、東京で開催されるのを心待ちにしていました。
展示内容は、佐々木芳郎氏撮影によるらもさん最期のライブ「らも meet THE ROCKER vol.4」の写真、 媒体掲載写真および記事や中島家秘蔵のプライベート写真などで、早く見てみたくてわくわくしています。
なお、オリジナルグッズの展示販売も予定されています。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

クリスマス・クリスマス

kurikuriクリスマスはもうとっくに過ぎちゃったし、家から遠い渋谷でレイトショーでしか上映していないし、、、、と思いながら観ちゃいました。
こんな映画をやっているのを全然知らなくて、先週渋谷を歩いているときチラシを偶然見かけたのが発見のきっかけ。
演劇ファンなら、思わずうなるほど微妙に豪華な出演者たちとあやしげなコピーに惹かれました。

「辛いモンなんて観たくねぇよって思いません? 思いますよね? そう思ったら、ちょっと観てやってください。(中略)1時間半でもラクになれます。」
大倉孝ニさんのインタビューのこの言葉がいちばんぴったり
クリスマス★クリスマス公式HP

誰がどう見てもばかばかしいことに一生懸命に取り組んでいるおかしな人たち、つい応援したくなるキャラクターに、普通の男(?)が巻き込まれていくストーリー。いっぱい失敗したけど、最後にうまくいったこともあり、良かったと思わずつぶやいてほのぼのした気持ちで家路につきました。
ゆるんでいます。きもちよくゆるんでいます、観終わったあとの私。

渋谷シネアミューズ
ほかでレイトショーのみの上映。
ゆるみたい人はLet's go!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空弁ー後編ー

今度は大阪、伊丹空港で見つけた空弁です。

ここでは、これ!
takomusu1
これぞ関西お得意の炭水化物+炭水化物のごはん「たこむす」です。
注)炭水化物+炭水化物のごはんとは、うどんとかやくご飯、お好み焼きとご飯などのメニューをさします。
小さ目のおむすびの頭に天むすのようにたこ焼が埋め込まれている一品です。お弁当というよりスナック感覚で食べるものと思えました。
なによりもこのインパクトで勝負ありです。おみやげにいかがですか?

柿の葉ずしを作っている会社が開発したとのことで、箱の中には柿の葉が敷かれていました。
株式会社あじみ屋製。682円
takomusubox2

もうひとつは蒸あな弁
anago
フランス料理店が作っている空弁だそうです。
吉田元阪神タイガース監督が推薦文を書いているところもポイントかと思います。
穴子がちょっと堅かったけれどやさしい味でおいしかったです。
株式会社しゃん亭製
正確な値段は忘れてしまいましが、800円~900円くらいだったです。
anagobox



今回はチャレンジしなかったけれど、さすが大阪の押しの強い箱のお弁当シリーズもありました。
oosakaben

空弁を堪能できた今回の旅行でした。新幹線のチケットが取れなかったからこそできた体験でそれはそれでうれしい。(行きの飛行機は低気圧の中を飛び、ゆれに弱い私はすっかり乗り物酔いしちゃったけど。試食を離陸1時間前に済ませておいたのが良かったと心から思いました)
空弁の価格帯は700円から900円。容器は小ぶり。皆お洒落でそこそこおいしい。駅弁より洗練された感じ。
有名な料亭が次々に空弁に参入しているようで羽田の第二ターミナルには「空弁工房」なるお店までできていました。
もっとリーズナブルな値段でおなか一杯にしたい方はコンビニ弁当を売っているところもたくさんありますのでご心配なく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空弁ー前編ー

年末年始に飛行機に乗る機会がありましたので、話題の空弁をチェックしてみました。
tuuro
まずは羽田空港。
有名な「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」を探して第二ターミナルをうろうろ。見つからずにインフォメーションで「みち子の鯖寿司はどこにありますか?」と聞くと「第二ターミナルにはありません」と即答。
さすが空弁ブームのきっかけになったという超有名弁当、お弁当のことを聞くのを躊躇していた自分ですが皆に訪ねられるんですね、お姉さん。ここで第一ターミナルでだけ販売されていることを教えてもらいました。
時間があったので第一ターミナルまでてくてくてく。地下通路を400m移動。ここの動く歩道は足元がぐにゃぐにゃして気持ち悪い。じっと立っていると足の下を尺取虫が這っているかのようなローラーの動きがダイレクトに伝わってきてつい歩き出してしまうのでした。
第一ターミナルの地下にあるインフォメーションのおじさんにもお世話になって(ここも即答)JALスカイショップで感激の対面
sabazushikanban
4切れ入りが600円、6切れ入りが900円とのことですが、6切れ入りのみ山積みになっていたので購入。
sabazushi
時間がまだまだあったのでベンチで即試食会。ビニールで密封されていましたが、焼魚の香ばしさが感じられてびっくり。脂が乗った鯖を酢飯としょうがでさっぱりさせてます。おいしかった。オススメです。
有限会社海の恵み製
(このお弁当は伊丹空港でも販売されています。)
個人的には椎茸が苦手なので入れないで欲しかったです。椎茸をはさんでいるのがこの鯖寿司の特徴のようで他のメーカーの鯖寿司の原材料をチェックしたところ椎茸と言う表記はありませんでした。
他のメーカーの鯖寿司は第二ターミナルにもあります。
第二ターミナルから出発する飛行機に乗る方でこのみち子の鯖寿司を購入したい人は、まず第一ターミナルで交通機関を降りて、購入してから地下連絡通路で移動すると便利かと思います。地下通路から第二ターミナルに入るところにはチェックイン機も並んでいて空いています。

いろいろ見てみましたが、空弁は容器の一番長いところで15センチ以内と駅弁等と比べてちょっと小ぶり。飛行機のテーブルに合わせたサイズとのことですが量が多くは無いのでもう一個くらい大丈夫だろうとチャレンジ。
shamochirashi
限定品という言葉に弱い私が、本日残り2個のうちの一つを手に入れました「ー羽田限定ー軍鶏」
確か900円でした。軍鶏肉がうすーい1枚だけ(写真でピーナッツの形に写っているもの)だったのはさびしかったですが、いろんなおかずが一口ずつ入り、軍鶏だしの炊き込みご飯もおいしい一品でした。
おかずは、軍鶏の卵焼き、レンコンのきんぷら、高野豆腐射こみ、炊き合わせ、ひじきを軍鶏の皮の脂で煮たもの、にんじんを茹でたもの、銀杏、しし唐でした。
このお弁当もお気に入り♪
日本橋大増製
shamo

満腹のおなかを抱えて羽田を飛び立ち、後編に続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

たんじょうび

birthday

きょうは あたちの おたんじょうびだから きっと いいことが ある
あったかい かーぺっとのうえで おもうぞんぷん のびのびしたり
せんたくものほしのうえを かけぬけたり はしらにのぼったり
いつもと おんなじに すごしている あたちの おしろの
おうちのなかも いつもより なんだかやさしいし
あたちの かいぬしも にこにこ あそんでくれるはず
いつもと おんなじみたいで でも ちょっとちがう
きっといいことが ある
だって あたちの おたんじょうびだもの

*たんじょうびの おいわいの あたらしい くびわを している あたちのしゃしん
2さいに なりました
nikukyu.gif

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Happy mew year!

newyear2005年があけました。今年もぶつぶつプログをしていきます。
これからもよろしくおねがいします。

ぎりぎり松の内にごあいさつができてよかった(^^;)

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »